筋肉で解決しないために。

日々出会うモノに対する考察をしたり、主に以下のテーマに関して書いています。 データサイエンス/人工知能/AI/機械学習/DeepLearning/Python//数学/統計学/統計処理

パズドラに100万円以上課金したけど、東大受かった話

 
パズドラをただひたすらやりこんで学んだこと。
それは、「凡人でも朝から晩までずーっと同じことやってれば、スマホゲームとはいえ全国レベル(世界レベル?)でトップクラスになれるんだ。」って体験をできたこと。
 
 
当時(2017年頃)の僕のパズドラ状況は、
・マシンゼウス等の最難関ダンジョンをリリース直後にクリアできる。
・ランキングダンジョン上位1%を20回(引退まで全て)連続ランクイン
・総+5万超え
...
こんな感じで少なくとも1日5時間くらいはパズドラやってたし、"月曜テクニカルダンジョン+5倍"の日には、1睡もせずに24時間プレイしたこともあった。
バイト代はほぼ全てパズドラに突っ込んでいて、パズドラの話をする為に学校行ってた様な生活で、明らかに異常なハマり方をしてた。
 
 
ただ、その生活を経て、パズドラをプレイする様に、勉強をしてみたらみたら東大に受かったので、その話についてまとめてみようと思います。
 
子供がゲームばっかりしているとか、こんなにゲームばっかりしてていいんだろうかとか、そんなことを考えている方の少しでも参考になる記事にしたいと思ってます。
 
 
ゲームでもスポーツでもとことんやり込めるってのは才能なんだなとも思ったし、
とことんやり込んだ経験に勝る経験ってないんじゃないかなとも思う。
 
 
つづく。