筋肉で解決しないために。

日々出会うモノに対する考察をしたり、主に以下のテーマに関して書いています。 データサイエンス/人工知能/AI/機械学習/DeepLearning/Python//数学/統計学/統計処理

書評"社長になろう"

こんにちは、ワタルです。 

 

この本を読んだので感想を書きます!

 

 

まずは、概要を3行で。

・著者の放送作家としての体験談を元に、"日常に存在するルールを疑うこと"の大切さ、"仕事とは感動を他者に広げること"という自論が展開される。

ベンチャーバンクという新規事業の立ち上げ会社の例に、新規事業の成功事例が記述される。

 

次に、感心した知識を3つ。

・起業するなら、"好き"で起業すべき。そのビジネスになる"好き"を可視化するために、縦軸「好きな度合い」、横軸「競争の激しさ」でプロットしてみること。

 


・魔法の褒め言葉のSとO。Sは「すごい、素晴らしい、さすが」。Oは褒められない時に使う「惜しい」という言葉。

 

 → 実践してみよーっと。

 

・起業に値するビジネステーマの見つけ方:

1. まずは興味を持ち続けられる領域で、自分の強みを生かし、トップレベルで張り合っていけるものを探す。

 

2. その内容で既に成功しているビジネスを探し、徹底的に研究し、改善案を考える。

 

3. それを本当に自分がやる必要があるのかを自問自答する。

 

 

最後に書籍としての評価。

★★★★です!(※最大は★★★★★)

感動、幸せ、好きといった言葉が多く散りばめられていて、読んでいて良い気分になるし、やっぱりそれが大事だよね!って思わせてくれました。

ぜひ読んでみて。

 

それではまーた。